どこまでの作業を自分(自社)でするかを決める(一通り学んだ後で)

ホームページの作成はワードプレスを使って比較的簡単にできるようになりました。とはいえ、学ぶことはそれなりの量があります。ワードプレスなどのCMS(Contents Management System)が無料で使えるようになる前は「html」「css」などのWEB言語を学んだ方だけがホームページを作ることができました。

しかし、時代の移り変わりと技術の進歩で誰もが簡単にホームページを作ることができるようになりましたが、「直感的に簡単に」ホームページーが作れるまでの過渡期でもあります。

車で例えるなら昔ながらの「html」「css」を使ったホームページがマニュアル車でワードプレスがオートマチック車にあたると思います。「直感的に簡単に」ホームページが作ることができるシステムは自動運転の車にあたるでしょう。という訳で少なからず覚えることがあるので、ワードプレスを使ってホームページを作る際に必要な知識を分類してわかり易くまとめてみました。

ホームページを作成する際に諦めるてしまう原因は、途中でわからないことが出てくるからです。事前に流れを掴んでおけば「この部分は難しいところと書いてあったよね…」と覚悟ができます。初めての方には難しい点がわかっていれば少しは学ぶ覚悟も芽生えるかと思います。

どんな仕事でも最小限は学ばないことがありますが、ホームページも同じように「少々の学ぶこと」があります。でなければホームページ制作を仕事として行っている会社が成り立ちませんからね。ワードプレスでホームページを作成するときに持っていると有利になる能力(能力というより慣れの部分が大きいです)と流れを分解して解説してありますので、順番に確認していくかご自身の気になる箇所だけ見てください。