ワードプレス(WordPress)とは

ワードプレス(WordPress)は、PHPというプログラム言語を使った無料で使えるブログツールで、データベースを管理するシステムとしてMySQL(マイエスキューエル)を利用しています。昨今ではホームページ(サイト)を運営するために使われることも多くCMS(Content Management System)という括りの一部になります。

CMSとは管理画面から日本語を打ち込んだりや画像を挿入することでホームページを更新することができるシステムで人気が高まっています。以前のホームページ作成では、専門的なHTMLやCSSという言語を勉強する必要がありましたが、ワードプレスはその時間を省き、企業や個人でも多く使われています。魅力的なのは無料で使えること、かんたんにホームページを更新することができること、デザインを無料で選んだり、安価なデザインを購入することで好みのサイトを作成できることにあります。

さらに拡張性も高くプラグイン(ワードプレスの機能を拡張させるプログラム)が豊富にあります。プラグインは無料でたくさんの種類があり(一部有料)、スマートフォンで例えるとアプリになります。スマートフォンを便利に使うために、電車の乗り換え案内や天気予報のアプリを入れてたり、高度なカレンダーでスケジュールを管理している方は多いと思いますが、同じようにいろいろな機能をホームページに簡単に追加することができます。他にも複数人で管理したりと高度な使い方をすることもできます。

良いこと尽くめのワードプレスですがデメリットも存在します。無料で使え自由度が高いため世界中で愛用している方が多いのですが、その分、悪意のある人たちから狙われやすいので注意が必要です。効果的なのは「定期的なバックアップ」と「セキュリティを強化するプラグインの導入」でしょう。 悪意のある人たちからの攻撃は、スパム、ウイルス、スパイウェア、ランサムウェアなどいろいろなものがあります。昔は愉快犯が多く、自分の高度な知識と技術をアピールするだけでしたが、最近は商売としてホームページを乗っ取ったり攻撃を加えてくる人たちが増えてきています。それに対応するには、乗っ取られても復元できるようにバックアップを準備しておくことと、そもそも乗っ取られないようにセキュリティを強化することです。

セキュリティと悪意のある人たちからの攻撃は「いたちごっこ」になり、インターネットで繋がっているため全てを防ぐことはできませんが、情報を発信するためにできる限り安全にホームページを運用することを心がけましょう。